• 学園案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 大学進学
  • Q&A
  • 国際交流
  • 資料請求
学問体感
HOME > 学問体感 > 2015年9月

2015年9月

高大連携講座「学問体感vol.10」として、大阪府立大学 現代システム科学域 牧岡省吾先生にお越しいただきました。

2015年9月30日

今回の「学問体感」は、大阪府立大学 現代システム科学域 環境システム学類の牧岡省吾先生にお越しいただき、「なぜものが見えるのか?~認知心理学への招待~」という講義を実施いただきました。

20150930hudai1.JPG 20150930hudai2.JPG

講義は実際の映像を見ながら、

 「人間は物体の大きさをどうのように認知しているか」

 「人間は物体の表面の明るさをどのように認知しているか」

 「人間は物体の動きをどのように認知しているか」

 「人間には視野内のすべての物体が見えているか」

という自分自身での体験の中で、実は正確に見えてはいないことを認識しました。

 そのうえで、脳内でどのように情報が処理されているかは、人間には意識できていないこと。その情報処理の仕組みを理解するために実験で検証する必要があること(それを「実験心理学」というそうです)。また、人間の脳や網膜などの神経系では複雑な「計算」が行われているであろうこと(そんなところまで計算式で表されることに驚きました)。そのような「計算」が人間の「意識」を創り出しているであろうこと。

「心理学」というと「文系」のイメージが強いのですが、実際には「ほぼ理系」といっていいような研究分野もあり、今回ご紹介いただいた「認知心理学」は神経科学や脳科学、哲学、言語学、計算機科学、ロボット工学などと「認知科学」分野を形成していることを知りました。

また、心理学を学んで大学を卒業した後の進路や、そのひとつであるカウンセラーになる方法など、「心理学」にまつわる様々なことを教えていただきました。

20150930hudai3.JPG

講義終了後には個別の質問にも丁寧にご対応いただき、充実した時間をいただきました。

牧岡先生、貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。(阪口)

このページのトップへ