• 学園案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 大学進学
  • Q&A
  • 国際交流
  • 資料請求
学問体感
HOME > 学問体感 > 2015年11月

2015年11月

高大連携講座「学問体感vol.17」として、大阪市立大学 生活科学部 多治見佐近先生にお越しいただきました。

2015年11月19日

今回の「学問体感」は、大阪市立大学 生活科学部 居住環境学科の多治見佐近先生に「住宅はどのようにしてできるか」という講義を実施いただきました。

20151119shidai1.JPG 20151119shidai2.JPG

「生活科学部」という学部名称は、最近では「生活○○部」という名称も増えそれほど珍しい学部名称ではなくなりましたが、大阪市立大学はその中でも前の「家政学部」から「生活科学部」へと名称変更をした草分けと言える学部です。

今では「居住環境学科」「食品栄養科学科」「人間福祉学科」と3学科があり、それぞれに生活に即した身近なテーマを扱う学部として男女とも受け入れをしています。

 

その中で今回は「居住環境学科」からお越しいただき、まずは学科の研究内容を説明いただきました。

その名前の通り、いわゆる工学部 建築学科や土木学科と重なる研究も多くありますが、工学系学科は「人工環境の構築」を目指すのに対し、居住環境学科では「生活向上・生活環境の構築」を目指すというものでした。

その研究の一例として、室町時代から現在に至るまでの「台所」の歴史を、図や写真でご紹介いただきました。そこには「物理的要素」としての技術の進歩、そして「社会経済的要素」としてのたとえば核家族化などの要素が複雑に絡み合っていることを教えていただきました。

また、箕面市や池田市、吹田市の過去と現在の写真を比較して、どのように街並みが変わってきたかなどにも具体的に言及いただきました。

最後に、2000年以上前のローマの建築家が提唱した「美・用・強」を教えていただきました。「美」は美しさ・心地よさ、「用」は快適さ・使いやすさ、「強」は堅牢であること。そしてそこに「費」(予算の制約)を加え、どれかにかたよることなく、それぞれの条件を十分に考慮した住宅こそが「良い住宅」といえるということを最後に教えていただきました。

20151119shidai3.JPG 20151119shidai4.JPG

講義終了後には個別の質問にも丁寧にご対応いただきました。

知らなかった学問の世界を示していただきました。多治見先生、お忙し中貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。(阪口)

このページのトップへ