• 学園案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 大学進学
  • Q&A
  • 国際交流
  • 資料請求
学問体感
HOME > 学問体感 > 高大連携講座「学問体感vol.14」として、徳島大学 薬学部 田中秀治先生にお越しいただきました。

高大連携講座「学問体感vol.14」として、徳島大学 薬学部 田中秀治先生にお越しいただきました。

2016年10月24日

今回の学問体感は、徳島大学 薬学部 田中秀治先生に「薬学部における分析化学研究」と題した講義を実施いただきました。

20161024tokushima1.JPG 20161024tokushima2.JPG

講義は田中先生の自己紹介からスタートです。高槻市ご出身の先生の、高校の時の成績や研究者としての業績など、そのお話だけでも勉強になりました。

続いて徳島大学薬学部の紹介では、4年制と6年制の違いやそれぞれの詳細な研究内容、また就職状況や研究室の主な研究テーマなど、また現高2からの入試制度の大きな変更についてもくわしくご紹介いただきました。

そしていよいよ「分析化学」です。分析化学とは試料中の成分の種類や量を解析する化学の分野の一つです。今回はそのさまざまな分析法を化学的方法、物理的方法、そして先生の研究テーマであるところの最新の分析法まで解説いただきました。

「薬学部」といえば「薬剤師」のイメージを持つ生徒が多いのですが、実際にはそれだけではなく広い研究分野を薬学部は持っています。その一端を、「(先生ご自身のお言葉を借りるなら)薬学部らしくない研究」を知ることによって理解させていただくことができました。

講義の最後は「みなさんへのメッセージ」ということで、大学教員になること、大学への勉強、そしてその先の社会の一員としての心構えまで、幅広い内容のお話で、講義は終了となりました。

20161024tokushima3.JPG

講義終了後の個別の質問にもご対応いただき、薬学部に対する新たな視点をいただきました。田中先生、お忙しい中貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。(阪口)