• 学園案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 大学進学
  • Q&A
  • 国際交流
  • 資料請求
高等学校
HOME > 高等学校 > クラブ紹介 > 文化クラブ

文化クラブ

 

地歴・旅行部

地歴・旅行部

主な活動は、春(1~2泊)・夏(3~4泊)の校外での合宿(見学旅行)です。夏の旅行は文化祭(準備のため校内で1泊合宿)で展示発表を行い、本校機関誌「学苑」に報告書として掲載しています。旅行の好きな生徒、またはカメラに興味のある生徒、その他多くの生徒の入部を待っています。

文芸・漫画研究部

文芸・漫画研究部

文芸部では機関誌「風の街」の発行や部員間の読評会を主な活動としています。活動は火木。小説、詩、エッセイ、小論文などジャンルは問いません。

また、漫画研究班では文化祭において、部誌(漫画雑誌)を作成・配布します。漫画好きが集まった楽しいクラブです。漫画を描いたり読むのが好き、漫画の話しがしたいという漫画についての関心のある生徒たちの集まりです。

 

科学部

科学部

科学部は、文字通り生物など科学に関することで自由にテーマを決め、実践しようというクラブです。少し興味があるという理由でも喜んで歓迎します。今まで過去に行ったことは、植物の観察や独自のシャボン玉作りなどです。今後企画しているのは、燃えるものによって炎の色が違う「炎色反応」という反応を利用した花火製作や、「崖の上のポニョ」という映画に出ていた「ポンポン船」を作ろうというようなものです。入部すれば希望した実験などに取り組めます。是非、入部してください。

 

 

美術部

部員23名、仲良く賑やかなクラブです。

油彩大作、立体、デザイン、陶芸、イラスト、など幅広い分野で活動しています。

7月に天王寺美術館で開催する「私学美術展」と、9月の文化祭が最大の発表の機会です。

 

2014bijyutu.jpg

放送部

放送部

放送部では、NHK杯放送コンテストに向けての作品作り、学園祭や全校朝礼の裏方などの活動をしています。アナウンサー・照明・音響・ディレクター・カメラ・編集など実際の部員の活動内容は多種多彩です。また放送コンテストでは、ほぼ毎年大阪での予選を突破し、東京で行われる全国大会に参加しています。
普段の活動は中学生と高校生が一緒に活動しています。先輩、後輩の仲がとても良く、アットホームな雰囲気で活動しています 。

交通研究・写真部

交通研究・写真部

交通研究・写真部では毎年夏休みに合宿を行っています。その地方の鉄道の乗車・撮影、さらにご当地グルメも楽しんでいます。そしてその内容を部誌にまとめています。
秋の文化祭では鉄道模型のジオラマ展示・夏の合宿で撮影した写真展示・部誌の配布を行っています。特にジオラマ展示は毎年多くのお客さんが見学に訪れています。文化祭の時にはぜひ一度、交通研究・写真部の展示室まで足を運んでみてください。

書道部

書道部

日本と中国の古典法帖を中心に臨書し、これをベースに7月に開催される大阪府下第2ブロック展に出展し、9月下旬に行われる文化祭にも、各自の力に合わせた創作作品を中心に発表しています。現在女子6名ですので男子生徒の入部歓迎。

吹奏楽部

吹奏楽部

吹奏楽部は現在部員は約50名で中学生と高校生が一緒に活動しています。主な行事は、毎年6月に開催される定期演奏会、夏の吹奏楽コンクール、冬のアンサンブルコンテスト、その他文化祭演奏や、同窓会での演奏、地域での演奏と幅広く活動しています。中学生の練習は原則火木土ですが、多くの中学生が毎日活動をしています。高校生は毎日練習があります。一人でも音楽は楽しいですが、大勢集まってみんなが一つになることの楽しさはまた素晴らしいものです。いつでも見学に来て下さい。

囲碁・将棋部

碁・将棋部

現在、高校生8名、中学生3名の11名で活動しています。試合にも積極的に参加しており、近年では将棋は、大阪府夏季将棋大会で女子Aクラス3位入賞や、第29回近畿高等学校総合文化祭将棋部門では近畿ベスト8の成績を収めました。また、囲碁は第32回、第33回近畿高等学校総合文化祭囲碁部門や第2回近畿高校囲碁選手権大会に出場しました。興味のある方はぜひ見学しにきてください。

クラシックギター部

クラシックギター部

中学・高校あわせて20数名で、授業のある日は殆ど毎日活動しています。普通のギター(プライムギター)の他、アルトギターやバスギターなどの合奏用ギターやコントラバスを使ってクラシック音楽やポピュラー音楽を演奏し、文化祭・定期演奏会・高校ギターマンドリン音楽祭に出場するなど、幅広い活動を行っています。「高校ギター・マンドリン音楽祭では19年連続金賞を受賞し、その内の10回は音楽祭大賞(最高位)を受賞しています。」

和太鼓部


和太鼓部は平成2年11月に13名の有志により同好会として発足。平成14年6月、和太鼓部として認められ、現在に至っています。チーム名である「雷」(いかずち)は、好んで演奏し、指導も受けた長野県の「諏訪太鼓」の曲目に「諏訪雷神」という曲があり、「雷神」の「雷」の1字をいただき「和太鼓 雷」と名づけました。学校行事以外にも、茨木市、豊中市、川西市などで催される各種イベントや福祉施設での演奏のほか、4月には定期演奏会を行っています。大阪府高等学校芸術文化祭芸能部門にも出場し、2011年度は初出場4位、2012年度と2013年度は第3位入賞という成績を収めています。

【演奏曲】

「はじまり」(古立ケンジ作曲)、「華都羅(かつら)」、「祝い太鼓」(羽田康次作曲)、「三宅木遣り太鼓」、「白虎」(臼井幸司作曲)、「清流長良昇り打ち」、「神楽」、「雷迅」、「三龍譚」、「稔り」、「紅」(山内利一作曲)、「早掛」、「楽車(だんじり)」、「篝火」、「パープルクラウド」(由良英寛作曲)、「潮」「燃え尽きる僕ら」(馬場謙次作曲)、「天狗舞」(川田和幸作曲)ほか。

2014taiko.jpg

2013年1月2日アステ川西での演奏の様子wmv.png

2013年5月26日茨木里山まつりでの演奏の様子wmv.png

※クリックすると動画を再生します。音声が流れますので音量にご注意下さい。