• 学園案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 大学進学
  • Q&A
  • 国際交流
  • 資料請求
高等学校
HOME > 高等学校 > 特進Sコース

特進Sコース

最難関国立大学をめざす

特進Sコース

特進Sコース

2010年春、新たに誕生した特進Sコースは、東大・京大・阪大などの最難関国立大学への現役合格をめざす生徒で編成されているスペシャルコースです。

約35名という少人数クラスのため、1年次からきめ細やかな指導で、最難関国公立大学をめざす生徒たちの学習を徹底支援。質・量ともに充実した授業内容であることはもちろん、国立大学の二次試験で求められる記述力・論述力の強化を早期から図ります。

2年次からは授業時間数を増やし、最難関国立大学をターゲットとした英語・数学の学習に取り組みます。

さらに3年次になると、それらに加え国語・社会・理科も対策を開始。また、2年次から3年次のコース入れ替えは原則行わないことで、2年間みっちりと同じクラスの仲間たちと切磋琢磨しながら、最難関大学への現役合格に向けて、着実なステップを歩んでいくことができます。

Curriculum

2013カリキュラム.jpg

☆クリックで拡大できます。

先生メッセージ

yabune154120.jpg
国語科担当
清水 知美先生
陸上競技部顧問

自分を知り、大切にできる人になってもらいたい。
関西大倉の生徒は、そんな姿勢を持っています。

生徒が自主的に読み・考え・書く姿勢を養えるよう、身近な例を挙げることで知的好奇心をかき立てています。大切なのは、ただ闇雲に学ぶのではなく、目標をしっかりと見据えて学ぶこと。今学んでいること、指導されていることが将来どのように役立つのか、どんな目的で行っていることなのかを明確に示すようにしています。自分にとって一番大切なことは何か?を見つけ、そのために行動できる人は強いと思います。本校でたくさん学び、経験を重ね、その強さを手に入れてください。