• 学園案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 大学進学
  • Q&A
  • 国際交流
  • 資料請求
中学校
HOME > 中学校 > 関西大倉の六年一貫教育 > 実戦力確立期間 [高校2年・3年]

実戦力確立期間 [高校2年・3年]

志望校への現役合格に向けて最短距離となる受験対策を徹底。

大学の入試問題や模擬テストの分析をもとに、的確な指導を実施

大学の入試問題や模擬テストの分析をもとに、的確な指導を実施高2~高3は、いよいよ大学受験に向けたラストスパートの期間。めざすは、主要国公立大学への現役合格です。関西大倉では、2年次で高校課程をほぼ修了。特に3年次は教科ごとに先生が集まり、大学の入試問題や模擬テストの分析を行った上で、演習を中心に志望校にターゲットを絞った効率的な学習指導を徹底します。

生徒のメンタル面も細やかに気遣い、受験バックアップを徹底

生徒のメンタル面もこまやかに気遣い、受験バックアップを徹底受験生である生徒のメンタルケアもこの時期は非常に大切です。関西大倉では、あえて毎月「第一志望校調査」を実施。生徒の進路変更などに表れる心理的な不安をいち早くキャッチし、担任が迅速な対応を行いながら、学習指導と生活指導を両輪に、毎年多くの生徒を志望大学合格へと導いています。
 

先生メッセージ

芳賀 俊彦 先生
国語科担当
柔道部顧問

むずかしい「古典」の授業も、情熱を込めて、
一つひとつ分かりやすく指導します。

「むずかしい」と思われがちな古典の文章も、一つひとつ積み重ねていけば必ず読めるようになります。私の授業では、生徒が自主的に考えられるよう、様々な工夫をしています。生徒が予習してきた教材を一つひとつ確認しながら精読したり、教科書からさらに一歩深めた内容まで紹介したりしています。また、定期テストで実力問題を取り入れて、初めて見る文章にも対応できる力を養い、受験の際に高得点を取れることを目指しています。学習会では、上位者向けの講座を行い、高1で古文・漢文を読み慣れることを目指して、ハイレベルな問題に取り組ませます。高2からはさらにレベルを上げ、入試問題を教材として扱います。このように関西大倉の教員は、日々情熱を持って生徒の思いに応えられる指導に酔心しています。共に学ぶ熱意ある生徒の皆さんを、ぜひお待ちしております。

向井 史 先生
数学科担当
中学ソフトボール部顧問

「自分のやりたいこと」を決め、それを実現するには
「何をすればいいか」見極める。

数学では、試験で答案を書く時、丸暗記した数式を羅列するのではなく、その内容をきちんと説明できなければ、段階的に成長することは望めません。授業では、生徒がまちがった解答を書いてもただ否定するのではなく、共に「なぜ?」と考え、生徒自身が自ら問題に取り組み、達成感を味わってもらえるよう誘導しています。学習会では、レベルの高い演習問題を与え、限られた時間内にもてる力を精一杯発揮する訓練を行っています。早期にハイレベルな問題に接することで、「今の自分の力と比べてどうか?」と生徒が具体的な目標を設定しやすくなります。まず、目標を決め、その実現のためには「何をすればいいか」を明確に認識する。これが夢を実現するための最短の方法であり、将来、社会で難問にぶつかった時にも役立つと思います。関西大倉は、自分を伸ばしたい人にとっては、とても充実した最高の場所です。