アメリカンフットボール部、秋季大阪大会1回戦勝利

2021/10/11

アメリカンフットボール部、秋季大阪大会1回戦勝利

【ゲームレポート】
1Q
池田のキックオフで試合開始。
最初のオフェンスシリーズは池田、関倉ともにパントを蹴る結果となる。1Qの終わり、RB#20野村(2年)、RB#21東田(2年)のロングゲインを足がかりに敵陣深くまで攻め込む。

2Q
関倉ゴール前6ヤードからの攻撃、RB#4仲祐志(3年)がエンドゾーンに飛び込みタッチダウン。関倉が6点を先制。キックもK#10澄川(2年)が落ち着いて決める。
関倉7-0池田

続く池田のオフェンスシリーズ、最初のプレーでDL#51馬込(2年)がQBサックを決めるも、池田QB#7→WR#87へのロングパスを許してしまう。しかしその後を断ち、攻撃権を奪う。
関倉のオフェンスシリーズ、#44加藤舜(3年)のランで大きく前進。しかし池田LB#19のQBサックを受け、ボールをファンブル。ルーズボールを池田DL#2に抑えられ自陣で攻撃権を奪われてしまう。
しかし、その直後池田QB#7が投じたパスをDB#10澄川がインターセプト!約60ヤードをリターンしゴール前からのオフェンスのチャンスをつくる。最後は#4仲祐志が中央突破しタッチダウン。K#10澄川がキックも決め追加点。
関倉14-0池田

池田のオフェンスシリーズ。RB#1のランプレイを中心に攻め、4thダウン2ヤード。池田はギャンブルを選択。ランプレイを選択するもDB#19仲陽太(3年)がタックルし、池田のギャンブルは失敗。
関倉のオフェンスシリーズ。QB#8森川(3年)→WR#7秦(3年)のロングパスで一気にゴール前まで攻め込む。最後はRB#4仲祐志がこの日3本目のタッチダウン。K#10澄川がキックも決め追加点
関倉21-0池田

3Q
後半は関倉のキックで試合再開。
池田のオフェンスシリーズ。ランとパスをバランスよく混ぜテンポよくオフェンスを進める。要所要所でDL#44加藤がタックルを決め、パントに追い込む。
関倉後半最初のオフェンスシリーズ。公式戦初出場のRB#3姫野(2年)が34ヤードのロングラン。しかし後が続かずパントを蹴る。
池田のオフェンスシリーズ。DL#74中村(2年)がQBサックを決めロスを奪うが、その後反則や池田QB#7→#2、#34へのミドルパスが立ち続けに決まりゴール前3ヤードまで攻め込まれる。

4Q
ゴール前3ヤードから池田QB#7→#2のパスが決まりタッチダウン(K#2キック成功)池田が7点を返す。
関倉21-7池田

その後はRB#28稲葉(3年)、#20野村のランランプレイを中心に攻めるが決め手を欠き、追加点は奪えない。デフェンス陣はLB#39田中大和(2年)、途中出場のLB#50中橋(2年)などLB陣が踏ん張り、追加点は許さず試合終了。

最終スコア
関倉21-7池田で関倉の勝利となった。

【得点経過】
2Q 関倉#4仲祐志6yds Run TD(#10澄川 Kick-G)   7-0
2Q 関倉#4仲祐志3yds Run TD(#10澄川 Kick-G)   14-0
2Q 関倉#4仲祐志2yds Run TD(#10澄川 Kick-G)   21-0
4Q 池田#7→#2 5ydsPass TD(#2 Kick-G)       21-7

次戦は10月10日(日)、関西大第一高校グランドにて15時キックオフです。対戦相手は第3シードの関西大第一高校です。無観客試合となります。

 


3タッチダウンの活躍RB#4仲祐志(3年)

 


すべてのTFPキックを成功させ、キックオフ4本中3本タッチバックの活躍K#10澄川(2年)


攻守の要となった主将#44加藤舜(3年)